本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する 

憲法をいかした、住民自治による民主県政をつくる会

contents

 「憲法をいかした、住民自治による民主県政をつくる会」(略称「民主県政の会」)のサイトへようこそ!

 ・候補者カーの運行計画 (2019.03.16)
 いよいよ、3/21(木)に鳥取県知事選の告示日を迎えますが、同日より投票日前日の4/6(土)までの福住候補者カーの運行計画(PDF)を作成しました。日々の詳細な日程については別途お知らせします。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 ・米子市にも事務所を開設!(2019.03.16)
 3/16(土)当会の事務所を米子市博労町にも開設しました。詳しい住所等については、上の「事務所アクセス」をクリックしてご覧ください。

 ・事務所開きにご参加ください!(2019.03.12)
 3/16(土)午後2時より鳥取市弥生町で当会の事務所開きを行います。皆さま、ふるってご参加ください。詳細は「事務所開き(PDF)」を御参照ください。

 ・倉吉市で決起集会を開催 (2019.03.11)
 3/10に倉吉市で「学習と交流のつどい」を開催しました。 山内淳子代表世話人による開会あいさつのあと、藤田安一鳥取大名誉教授が 「なぜ憲法をいかした住民自治による自治体が必要なのか」をテーマに講演。
 さらに各団体によるメッセージに続いて、 福住ひでゆき知事候補が立候補の決意表明。「県政の主役は、知事でなくて、県民です!」としめくくると、ひときわ大きな拍手が起きました。
 詳細な内容については上記の「会ニュース」をクリックしてご覧ください。


 ・当会は、4/7(日)投票の県知事選に
   福住ひでゆき候補を擁立!
(2019.03.11)
       

 鳥取県知事選挙が3/21(木)告示、4/7(日)投票の日程で行われます。当会では知事選候補として福住ひでゆき氏を無所属候補として擁立しました。

 福住氏は南部町生まれの43才。千葉大工学部を卒業、現在は共産党県委員会の常任委員。家族は妻と子三人、趣味・特技は演劇・音楽鑑賞、空手初段。

 共産党、社民党、新社会党、及び各種市民団体から構成される当会が支援する福住候補の基本政策は以下のようになります。
 「民主県政の会 知事選基本政策 第一次


 ・結成総会を開催
 2/19に鳥取県倉吉市で当会の結成総会を開催しました。開会にあたって、米村正一社民党県本部幹事長が、「県政転換のためにこの会を立ち上げましょう」とあいさつ。
 さらに、「会則」、「代表」、「アピール」の提案、さらに鳥取県知事選挙をたたかうとともに、選挙後も県民と県政をつなぐ役割に立って恒常的に活動していくことが提案されました。

 「アピール」では、
@ 消費税10%中止、九条改憲ノーなどはっきりモノを言う県政
A 県民の暮らし、福祉最優先の県政
B 鳥取県の豊かな自然と環境を守る県政

以上の「三つの転換」をかかげ、賛同するすべての県民の皆さんに当会への参加を呼びかけています。(詳しくは、上の「結成アピール」のページをご参照ください)
 これらの提案が参加者全員の拍手で承認されました。