本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する 

憲法をいかした、住民自治による民主県政をつくる会

contents

福住ひでゆき facebook
  「憲法をいかした、住民自治による民主県政をつくる会」(略称「民主県政の会」)のサイトへようこそ!


 ・残念な結果となりましたが、選挙期間中、県民の皆様から多くのご支援をいただき、本当にありがとうございました。(2019.04.08)
 福住候補、健闘も及ばす。皆様からのご支援に感謝の言葉。選挙後も「公約実現に向けて今後も頑張る」と決意表明。
 「福住候補、健闘も及ばず、ご支援に感謝の言葉」

 ・最終日、福住候補は「県政の転換」を訴えて米子市内を遊説。淀江町、鳥取市でも応援演説。(2019.04.06)
 長かった選挙戦もいよいよ最終日。福住候補は米子市で「県政の転換」を訴えました。淀江町、鳥取市でも支援の演説をいただきました。
 低投票率が予想されていますが、これから四年間の鳥取県を少しでも良くするためにも、明日は是非とも投票に行きましょう!
 「最終日、福住候補は米子市内で「県政の転換」を訴え」

 ・米子市、境港市で「まちかど演説」(2019.04.05)
 本日4/5は米子市から境港市を回りました各地で多くの応援をいただきました。福住候補、「あと二日間、全力で頑張ります!」と宣言!
 「4/5 米子市・境港市で「まちかど演説」
  + 4/6最終日の日程」


 ・福住候補、境港市、日吉津、大山を遊説、中林さんは錦織県議も応援(2019.04.04)
 本日、福住候補は境港市などで街頭演説。農業への支援を要請されました。中林よし子参院選候補は米子市内で福住候補、錦織県議候補の応援街宣。
 「4/4 境港市などで訴え 」

 ・候補者カー日野路を駆ける(2019.04.03)
 4/3は旧日野郡方面で街宣。日南町をはじめとして多くの応援をいただきました。
 「4/3 日野路で街宣活動 」

 ・中林参院候補の応援をいただき米子市内で訴え(2019.04.02)
 本日は中林よし子参院選候補の応援をいただきました。米子市では淀江産廃問題が新たな焦点となりつつあります。4/3以降は西部で遊説します。
 「4/2米子市で訴え + 4/4と4/5の日程 」

 ・「あんたの言うこと、ようわかる!」暖かい激励を受けながら東部から青谷町へと遊説(2019.04.01)
 冬に逆戻りしたような雪も降る悪天候の中、福住候補は今日も鳥取市から倉吉市にかけて精力的に遊説を行いました。
 「4/1鳥取市から青谷町へ + 4/2と4/3の日程 」

 ・東部四日目、鳥取市内を遊説(2019.03.31)
 みぞれも混じる悪天候の中、鳥取市内を遊説。市内各所にて、雨の中を駆け寄っての応援をいただきました。
 「3/31鳥取市遊説反響

 ・八頭郡でも多くの激励。東部遊説三日目。(2019.03.30)
 本日は鳥取市と八頭町、若桜町を遊説。農作業の手を休めて手を振るなど、多くの激励をいただきました。
 「3/30県東部遊説反響 + 4/2中部遊説日程」

 ・「自民党に入れたくないからあんたに投票する!」。東部遊説二日目、応援の声続々と。(2019.03.29)
 本日は鳥取市と旧八頭郡内を中心に遊説。暖かい応援をいただきました。まことにありがとうございました。
 「3/29県東部遊説反響+ 4/1東部遊説日程」

 ・平井候補、「共産党は、県民参画条例に反対した」と攻撃。でも、県民の声を尊重するべきと定めたこの条例を守っていないのは、平井氏自身では?(2019.03.29)
 平井候補は、「共産党は県民の声を尊重する趣旨の県民参画条例成立時に反対した」と発言。
 しかし、米子市で産廃に反対している住民を始め、その他の多くの県民の声にかたくなに耳を傾けようとしていないのは、いったい誰なのでしょうか?
 以下の本日のニュースでは、この県条例自体の欠陥を指摘しています。ご一読ください。
 「平井候補、「共産党は県民参画条例に反対」と攻撃!」
 なお、2015年の条例可決当時に市谷とも子県議が発信したブログの内容も合わせてご参照ください。

 ・「福住知事で鳥取県に福を!」、「新しい人に知事になって!」の声。東部の遊説を開始しました。(2019.03.28)
 本日から県東部の遊説です。法政大の五十嵐名誉教授、原発反対運動の「えねみら・とっとり」の山中代表も福住候補に同行、支持を訴えていただきました。
 「3/28県東部遊説 + 3/31東部遊説日程」

 ・三朝町で知久馬元衆院議員の応援をいただきました。(2019.03.27)
 昨日の3/26から県中部で遊説中。今日は三朝町で元衆院議員の知久馬さんの力強い応援をいただきました。深く感謝申し上げます。詳しくは、以下をクリックしてご覧ください。
 「3/27三朝町遊説 + 3/30東部遊説日程」

 ・3/27(水)から政見放送が始まります。是非ご覧ください。(2019.03.26)
 3/27(水)からテレビとラジオでの鳥取県知事選の政見放送が始まります。
 平井県政の三期12年間、鳥取県内の経済は低迷が続き、私たちの暮らしは年々貧しくなるばかり。この先の四年間、今のパフォーマンス頼みの県政をさらに続けてもよいのでしょうか?
 今こそ県政の転換が必要です。この機会に、福住候補の主張を是非ご確認ください。

・「政見放送日程」

          (図のクリックで拡大します))
 3/29(金)の県東部遊説の詳しい日程については、政見放送日程と合わせて以下をクリックしてご覧ください。
 「政見放送日程+3/29東部遊説日程」

 ・「四選は長すぎる!」 今の県政への批判の声が高まる(2019.03.264)
 3/25、福住候補は米子市とその周辺を遊説。
 「平井さんは、いけん!四選は長すぎますわ」等々、今の県政に対する多くの不満の声が寄せられました。3/28の東部遊説日程と合わせ、次をクリックしてご覧ください。
 「四選は長すぎる!」と批判の声高まる+3/28東部遊説日程

 ・福住候補、県内遊説を開始!(2019.03.24)
 3/21の鳥取県知事選告示をうけて、いよいよ福住ひでゆき候補が遊説を開始しました。日々の活動の様子を上の「会ニュース」に載せていますので、是非ご覧ください。

 ・「県政の問題点」のページを新設しました。 (2019.03.22)
 現在の平井県政の問題点を指摘するページを作りました。上の「県政の問題点」をクリックしてお読みください。第一弾としては、企業に甘く弱者に冷たい県政、及び、県経済の低迷の現状を取り上げました。福住候補の公約も掲載しました。

 ・候補者カーの運行計画 (2019.03.16)
 いよいよ、3/21(木)に鳥取県知事選の告示日を迎えますが、同日より投票日前日の4/6(土)までの福住候補者カーの運行計画(PDF)を作成しました。日々の詳細な日程については別途お知らせします。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 ・米子市にも事務所を開設!(2019.03.16)
 3/16(土)当会の事務所を米子市博労町にも開設しました。詳しい住所等については、上の「事務所アクセス」をクリックしてご覧ください。

 ・事務所開きにご参加ください!(2019.03.12)
 3/16(土)午後2時より鳥取市弥生町で当会の事務所開きを行います。皆さま、ふるってご参加ください。詳細は「事務所開き(PDF)」を御参照ください。

 ・倉吉市で決起集会を開催 (2019.03.11)
 3/10に倉吉市で「学習と交流のつどい」を開催しました。 山内淳子代表世話人による開会あいさつのあと、藤田安一鳥取大名誉教授が 「なぜ憲法をいかした住民自治による自治体が必要なのか」をテーマに講演。
 さらに各団体によるメッセージに続いて、 福住ひでゆき知事候補が立候補の決意表明。「県政の主役は、知事でなくて、県民です!」としめくくると、ひときわ大きな拍手が起きました。
 詳細な内容については上記の「会ニュース」をクリックしてご覧ください。


 ・当会は、4/7(日)投票の県知事選に
   福住ひでゆき候補を擁立!
(2019.03.11)
       

 鳥取県知事選挙が3/21(木)告示、4/7(日)投票の日程で行われます。当会では知事選候補として福住ひでゆき氏を無所属候補として擁立しました。

 福住氏は南部町生まれの43才。千葉大工学部を卒業、現在は共産党県委員会の常任委員。家族は妻と子三人、趣味・特技は演劇・音楽鑑賞、空手初段。

 共産党、社民党、新社会党、及び各種市民団体から構成される当会が支援する福住候補の基本政策は以下のようになります。
 「民主県政の会 知事選基本政策 第一次


 ・結成総会を開催
 2/19に鳥取県倉吉市で当会の結成総会を開催しました。開会にあたって、米村正一社民党県本部幹事長が、「県政転換のためにこの会を立ち上げましょう」とあいさつ。
 さらに、「会則」、「代表」、「アピール」の提案、さらに鳥取県知事選挙をたたかうとともに、選挙後も県民と県政をつなぐ役割に立って恒常的に活動していくことが提案されました。

 「アピール」では、
@ 消費税10%中止、九条改憲ノーなどはっきりモノを言う県政
A 県民の暮らし、福祉最優先の県政
B 鳥取県の豊かな自然と環境を守る県政

以上の「三つの転換」をかかげ、賛同するすべての県民の皆さんに当会への参加を呼びかけています。(詳しくは、上の「結成アピール」のページをご参照ください)
 これらの提案が参加者全員の拍手で承認されました。